HiRO-ism RECORDS

HiRO-ism RECORDSは これからを担うミュージシャン・芸能人を応援します。

HiRO-ismは【VR】を導入します。
まずは"3D"から、そして"360°"へ。
PV・写真集・IVなどを臨場感がある【VR】で。
そして民間企業・商店への【VR】撮影サービスも展開します

バーチャル・リアリティ(Virtual Reality)という技術があります。日本語では『仮想現実』、『人工現実感』と訳され、さまざまな形で取り上げられて話題を呼びました。いま、この技術に革新が起きているようです。

そして今、VR技術はさらに進化しています。
スマホを取り付けるだけのヘッドマウントディスプレイにはセンサーが内蔵されており、頭の向きや動きに応じて映像がリアルタイムで追従するようになっています。くわえてヘッドホンを装着すれば、VRの世界に完全に没入できるというわけです

いまやこのようなデバイスは個人でも簡単に入手できますし、またVRコンテンツもインターネットでダウンロードできるようになっています。このように敷居が下がってきたことも、VR技術の進歩ぶりを如実に示しているといえるでしょう。


VRの世界に飛び込む準備はできました。では、実際のコンテンツを見ていくことにしましょう。

【ジェットコースター】
その数が非常に多いのは、ジェットコースターを実際さながらの臨場感で体験できるコンテンツです。VRならではの特徴として、現実には絶対にありえない体験が可能になっています。

【ライブ映像】
つねに特等席の臨場感でパフォーマンスを見られるライブコンテンツは、まさにVRならではのものといえるでしょう。マスコットキャラクター・アイドル・アーティストが、目の前で歌って踊ってくれるコンテンツです。
2014年11月には、小林幸子氏が自身のライブをVR映像で生配信しました。普及には時間がかかりそうですが、音楽ライブなどの映像配信にも可能性が広がりそうです。

またゲームコンテンツも多数あり、そして今では世界中の観光地やお店の店舗内を自宅にいながらヴァーチャル体験できるようになりました。それを体験してから実際に足を運ぶとういう選択肢が出来ます。



現在の『VR』を体験するには、まずはこれを装着する必要があります。

【おすすめのスマホ用VRアプリ】
いままで使った無料アプリで一番使い心地がよかったです。カメラロールから読み込めるものはあまり少ないです。

詳しい使い方は・・・  こちら

【おすすめのVRゴーグル】
数百円のダンボール製もありますが、これがおすすめ!かなり安くしっかりしている上に『スマホのカメラ部分のフタが開けられる』事。将来はポケモンGOのようなARと融合したものが生まれれば、カメラ部分が開けられることは必須です。他は開けられるものがあまりありませんし、数百円の違いならこれを買うべき!

あなたも 数百円から千円ちょっとで『VR』体験をしてみませんか?









運営情報



(C)2018 HiRO-ism Allright reserved.